社会環境の変化による分煙機のニーズ

タバコは消費量が減少して、社会の流れは非喫煙者の意見が強くなっています。

気分を良くする効果のあるタバコですが、喫煙者以外には害になる事が多く、気分が悪くなる事もあるので、分煙機のニーズが高まる事で市場は拡大します。



分煙機はタバコの有害な煙を強力に吸収する機械で、限られたスペースに設置出来ますし、非喫煙者が同じ部屋にいても、煙の影響を最小限に抑えられます。


購入費用は高い分煙機ですが、ニーズの増加で商品は増えますから、価格競争が行われる事により、価格の低下が起こります。


企業向けの分煙機は、リースで購入する事が少なくないので、導入は行いやすくなりますし、早めの導入が喫煙者やタバコを嫌う人にも大切です。
タバコの害は煙や臭いだけではなく、見えない有害な粒子が健康に影響しますし、発がん性物質もその中に含まれます。



空気清浄機では取り除けない物質ですから、換気を行う事が現実的な手段なので、一般家庭では冬場でも外に近い場所で喫煙が行われます。

煙や有害性のある物質は、大気に拡散して薄まりますが、風の強さ次第で拡散の速さは異なりますし、無風に近いほどその場に留まりやすくなります。


臭いも同時に残りますから、換気でも直ぐには消えず、密室空間であれば、換気の役割が更に重要性を持ちます。

分煙機の情報についてご説明します。

オフィス内で空調は備わりますが、タバコの煙を想定した設計ではないので、分煙機を新たに導入する事が現実的であり、費用に対する効果的な方法です。