喫煙所の分煙機とオフィスビルの喫煙所

喫煙所に入ると、喫煙者がいても煙が充満する事無く、煙が目に染みると言う事が起きません。

これは喫煙所内に分煙機と呼ばれる空気清浄機が取り付けられているからで、分煙機内部には煙草の煙に含まれる有害な物質や臭いの元となる物質をフィルターで除去し、綺麗な空気を送り出している装置なのです。
但し、分煙機を設置してあっても、喫煙所の中では多くの人が喫煙を行います。

そのため、喫煙所内部の壁や置物などには煙草の煙に含まれているにおい成分が付着する事になるため、どんなに優れている空気清浄作用を持つ機械でも、臭いを100%カットする事は難しいものです。


そのため、喫煙所に入ると煙草の臭いがするのは当然のことでもあるのです。



最近は喫煙所内部に観葉植物を設置し、臭いを軽減させることをしている所も多くなっています。また、天井とテーブルに分煙機を取り付ける事で灰皿から立ち上る煙をテーブルの吸引部分で吸い込み、喫煙者が吐き出した煙は天井の吸引部分で吸い込むなど、幾つかの分煙機を併用している喫煙所も有ります。



オフィスの中は分煙が徹底されており、自分の席で喫煙を行う事は出来ないケースが多く、喫煙を行う時には喫煙所でと言う会社が多いものです。
尚、オフィスビルなどの場合、各会社がそれぞれのフロアの中に喫煙所を設けるのではなく、各階のフロアに共有の喫煙所が設けられているオフィスビルも有ります。

色々な会社の人が喫煙所に出入りすると言う事からも、そこで新しいビジネスが生まれるケースも有るのです。